リユースでもっと楽しく! RECOLIFE リコライフ

スタイリスト、ヘアメイク、モデル

ファッショニスタ達が語る、リユースの魅力。
「新品だけじゃ、おしゃれは面白くない!」

高価なもの、ブランドものなどばかりを身につけているという印象の強いファッション関係者。でも、実は彼らもリユースのアイテムを使って上手にコーディネートしてるんです。スタイリスト、ヘアメイク、モデルという、現役のファッショニスタに、リユースを使ったリアルなコーディネート術や、古着店の魅力などを語っていただきました。 (2017年9月25日作成)

流行は巡る、だから面白い。

リユースに関する座談会ということで、みなさん古着と新品のミックスコーデでお越し頂いているので、まずは今日のコーデについてお聞かせください。

八木
スタイリストの八木です、よろしくお願いします! トップスの開襟シャツはコム デ ギャルソンの古着です。パンツはワイズ、靴はドリス・ヴァン・ノッテンで、サンプルセールで買ったものですね。ギャルソンのトップスを中心に、黒コーデでまとめました。そういえば、他の方も結構ダークトーンなコーデなんですね(笑)。
谷口
ここ最近、夏でも黒いコーデが流行ってますからね。あ、ヘアメイクの谷口です(笑)。私は京都出身なんですけど、地元に帰るたびにお気に入りの古着屋さんに立ち寄って買うことが多いですね。今日着ているトップスも、7~8年前に京都の古着屋で買ったもの。デザインももちろんですが、私の体型にも合っていて、飽きがこないんです。こないだ思い切って断捨離して、洋服は結構捨てちゃったけど、これはしっかり残ってます(笑)。アクセサリーはイギリスの蚤の市で買ったもの。それにバージニアっていうドメスティックブランドのスカートと、フィルメランジェの靴を合わせてます。
忍舞
モデルの忍舞です。今日着ているセットアップは、お母さんが昔着ていたものなんです。いつも実家に帰るたびにクローゼットを漁って、お母さんとおばあちゃんの古着を何かしらもらうんです。お母さんは「懐かしいー!」って言いながら、喜んでますね。サングラスと靴は新品。私、あまりブランドにはこだわらないんですよね。アクセサリーは、イタリアの蚤の市で買ったものなどです。
八木
でも、流行は巡りますよね。40代のファッションエディターの人が「80年代に流行ったケミカルウォッシュジーンズとか英字新聞プリントのシャツとか、90年代は完全にダサいものの象徴だったから、絶対にリバイバルしないと思ってた」って話してて。
忍舞
今日持ってきたケミカルウォッシュのデニムジャケットは、お母さんが着てたものと結構似てるんですよね。お母さんの昔の写真見てびっくりしたことがあります。

柄や素材など、
ユニークなディテールも古着の魅力。

谷口
みなさん、捨てられない古着ってありますか?
八木
Tシャツは結構思い入れが強いから、ボロボロで着なくなっても持ってますね。そんなにかさばらないし、捨てなくてもいいかなって。あと、もしかしたら付加価値が付いて売れるんじゃないかって思ったり(笑)。古着って、やっぱり独特の魅力がありますよね。
忍舞
私は、古着だとまず他人とカブらないっていうのが大きいかな。
谷口
そうそう! 一緒のものを着てる人とすれ違うと、すごい嫌ですよね(苦笑)。お店の人から「これ人気ですよ~」って言われると、逆に悩んじゃったりしちゃうかも。意外とそういうコって多いと思う。
忍舞
古着は柄も可愛いですよね。ボタンとかも大きかったり、素材が面白かったり、現行のものにはない良さがあると思う。
谷口
最近の私の定番は、新品と古着をミックスするスタイルですね。
忍舞
新品のシンプルなTシャツに古着を合わせると、かわいいですよね! 古着のシャツに新品のワイドパンツとかもよく合わせるかも。この秋は柄物のニットが気になってて、古着で探してます。派手な柄とか、ワンポイント刺繍の入ったものとか。逆に、シンプルなニットは新品で探しますね。
谷口
シンプルなものは新品で、柄物などは古着で、ってパターンは、確かに多いかも。

おしゃれ初心者に
おすすめのリユースアイテムは?

忍舞
でも、おしゃれに慣れてないコとか、古着屋だと何をどう見ていいのかわからない、っていうよね。
谷口
スカーフは取り入れやすいと思う。安いし、新品にはない個性的な柄も面白いし。好きな色とか柄のものをシンプルなTシャツの首もとに巻いたり、カチューシャ代わりにしもいいし。エルメスとかなかなか手の届かないハイブランドのものもかなり安い値段で買えたり、可愛いものでも3000円くらいのものがあったりするんだよね。
八木
僕はやっぱりメンズなんで、Tシャツがおすすめですね。個人的にはカルト的な映画のTシャツを探してて。今はレアなTシャツを集めてるお店もあるから、お金を積めばすぐ見つかると思うんですけど、やっぱり安くで探すのがいいんですよね。
忍舞
そうそう! わたしも原宿とか下北の安い所をひたすら回ったりしますね。使い勝手のいい黒のニットが数百円で見つかったり。デニムもめっちゃ安い掘り出しものがあったり。
谷口
デニムは私も買いますね。気づくとリーバイスの太めストレートばっかり買ってます(笑)。色落ち具合でいろんなコーデに使い分けるんです。
忍舞
古着のデニムは、高校生くらいの時に買ったのも持ってたり(笑)。10年以上寝かせて、今だ! ってタイミングを見計らって着たりしてる。
谷口
そうそう! 古着は寝かせるのが基本(笑)。今日のベレー帽も中学生くらいの時に買って、寝かせてたんです。いつかいつかって思って、時期が来たら使うのが楽しいんです。だから、古着は「これだ!」って時に買わないと。
忍舞
私は、かなり買っちゃう人なんで、売りにも行きます。それこそ、こないだセカンドストリートさんに売りに行きました(笑)。ファストブランドのものも思ったより高く売れましたよ。でも、査定を待ってる間に買い物しちゃったり。このベルサーチの靴もセカンドストリートの買取を待ってる間に見つけちゃって。私、足が小さめなんで、古着の方がサイズがあるんです。
谷口
サイズ感もそうだけど、いろんなシルエットのものがあるから古着は面白いよね!

流行は気にせず、自分なりの
リユースの楽しみ方を見つける

八木
あと、お店によってテイストってあるじゃないですか。ヨーロッパ物が強いのか、アメリカ物が強いのか、どんな年代のものか、って。自分の好きな古着屋を見つけて、お店のファン、店員さんのファンになるのっていいですよね。
忍舞
そういえば、古着屋の店員さんって普通のショップより距離が近くて仲良くなりやすいかも。いかにもな接客もあんまりないしね。そういえば、店員と客の関係から、親友になった友人が一人います(笑)。
八木
そういえば、「お気に入りの古着も持ってきてください」ってことだったんで、僕から紹介しますね。このMA-1は、UK好きの師匠から貰ったイギリスのリメイクもの。AKIRAのTシャツは、実は松田翔太さんから頂いたものなんです。エルメスのスカーフは、レディースのスタイリングの時にアクセントとして首や手首に巻いたり。小さめサイズなので、何かと使い勝手がいいんです。
忍舞
このオールインワンのパンツは、たぶん80年代のもの。柄が気に入って買ったんですよね。バブルのころのベルサーチのスリッポンは、セカンドストリートで3000円ぐらいでした。意外とどんなファッションにも合うんですよね。あと、今日持ってきたレザーバックも古着屋さんで買いました。ほつれたところを糸で縫ったり、エナメルが剥がれたところを自分で塗ったり、リペアして大事に使ってます。
谷口
ミニバッグは、古着屋が狙い目ですよね! 私が持ってきたのは、古着好きの友達にもらったレースのトップス。 アウターの下に着て、襟だけチラ見せしたりすると可愛いんですよね。それに母親にもらったイヤリングと、現在寝かせ中のトップス。花柄が気に入っていて、そろそろ着ようかなって思ってるけど、どうかな?
八木
けっこう今っぽく合わせられると思うけどね。太めのデニムとか合いそう。
忍舞
もうね、今は何着てもいいんだよ!
八木
そうそう。今は古着でいろんな時代のものがあるから、自分なりに楽しめばいいんだよね。
忍舞
綺麗にまとめちゃった感があるけど(笑)。
谷口
でも、確かににそうなんだよね。カブらないし、オリジナルのファッションができるし。
忍舞
それに、けっこう愛着が湧くんだよね。だから、リペアして使いたくもなるから、ホントにエコだと思う。
八木
古着に抵抗がある人も、これを読んでリユースの楽しみ方を知ってもらえると嬉しいな、って思います!
INTERVIEW GUEST
  • スタイリスト
    八木 啓紀

    スタイリスト丸山晃に5年間師事し、2013年独立。 現在は雑誌、アーティスト、広告など、様々な分野で活動中。
    www.hironoriyagi.com

  • ヘアメイク
    谷口 友海

    MINX、CANAANと人気のサロンでヘアスタイリストを務めた後、2016年独立。 ヘアメイクアップアーティストとして独立。広告、CM、PV、雑誌など様々な媒体を手がける。
    Instagram: @tomomimf

  • モデル
    忍舞(しのぶ)

    arやCYANなど、ビューティー雑誌を中心に活動するモデル。 ファッションやメイクだけでなく、旅行や食など、 彼女の素顔が覗けるインスタグラム@sinobu_utaは4万人近くのフォロワーが。

Good!
この記事にGood!する